エアロパーツ・FRPパーツのワンオフ製作・加工・モデリング・カーボン加工&ウッド加工の専門店

世界で一つのワンオフパーツ製作専門チャンネル
ジェットコンセプト

ジェットコンセプトのブログ

リアルカーボン

2015年6月17日

こんばんは。

 

今回はリアルカーボン加工の話です。

 

弊社リアルカーボン加工はカーボンクロスを加工対象に貼り付け

 

樹脂を染み込ませ固めると言う加工を行います。

 

なので俗に言われるウェットカーボンと似たような仕上がりとなります。

 

p1

コレがカーボンクロスです。

 

aa80cb05

 

上の写真はあくまでイメージですが、対象物に貼り付け樹脂を染み込ませていくわけです。

 

 

一方、ドライカーボンはと言うと樹脂を染込ませたカーボンファイバー(プリプレグ)を

 

型に貼り込み、オートクレープという高温高圧釜を使い、

 

圧力を掛けながら釜で焼き上げた物で、不必要な樹脂分が取り除かれ、軽く高強度です。

 

ですが専用の型を作らなければならず、非常に高コストがかかります。

 

(仮にですが、ワンオフでボンネットを作成する場合 数百万かかるといわれます。)

 

20091001_772111

プリプレグです。カーボンクロスと見た目は似ていますね。

 

img027

 

あまり大きくないですがオートクレープと呼ばれる釜です。

 

高温高圧をかけ、カーボンの対象物も真空パックのように吸引しながら作成します。

 

 

リアルカーボン加工は先ほども記述したようにウェットカーボンに似たやり方で加工しています。

ドライカーボンのように軽量といきませんが美しいカーボンの目地はラッピングや転写とは

比較にならない仕上がりです。

 


 

皆様からのオーダー心よりお待ち申し上げます。

 

produced by JET STROKE

ジェットストローク
ジェットコンセプト

エアロパーツ・FRPパーツのワンオフ製作・加工・モデリング・カーボン加工&ウッド加工の専門店

(有)ジェットストローク 千葉県鎌ヶ谷市初富178-2 ●定休日/祝祭日 ●営業時間/平日・土・日/午前10時〜午後7時 ●TEL.047-446-5557

copyright ©2014 JETCONCEPT. All rights reserved.