エアロパーツ・FRPパーツのワンオフ製作・加工・モデリング・カーボン加工&ウッド加工の専門店

世界で一つのワンオフパーツ製作専門チャンネル
ジェットコンセプト

エアロパーツ・FRP製品のワンオフ製作・加工

エアロ(バンパー)のFRP加工・FOG移植

千葉県のエアロパーツ・FRP加工・修理専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!

今日はエアロパーツ(フロントバンパー)のFOG移植(FRP加工)をレポートしたいと思います。

まずはこちらから。

これはバタフライシステムのEKワゴンのデモカー画像ですが、お客様よりFOGの部分をベンツSクラスへ変更したいとオーダーを頂きました。

私自身が元々FRP屋での修行経験がありますので、FRP加工&モデリングはJETの得意メニューの一つです。

まずはFOGの開口部部分の後ろからウチのインサートフレーム(埋め込み用FRP枠)をあてがってバランスを見ます。

お~ なんかいけそうですね。

この時点で物理的に無理だったり、あからさまにバランスが崩れる場合はいくらお客さんのご要望でもお受けしない事があります。

それは私達がただの頑固者なのではなく、もしお客様が後々バランスの悪さに気づいた時、もしくは他の誰かに「このバンパーバランス悪いよね~」って言われた時に悲しい思いをさせたくないからです。

ですから、私どもの考えを押し付けるのではなく、成形のプロとしてあくまでもアドバイスという形でお話させて頂きます。

↓UP画像はこんな感じ。

おおよその位置が決まったら、左右のバランスをもう一度確認し、正式に固定します。 この時、実際にFOGランプを付けて光軸を確認しておく事が大切ですね!
FRPで固定してから、

あれ~! 上向きすぎちゃってるよ~

では困りますからね・・・

↓こんな感じ。(FOGが青いのは保護用テープです。)

はい。 それでは裏側からFRPを張っていきます。下地処理を忘れずに~

これでFOGランプを固定する枠が固定できました。ウチのインサートフレームを使うとすごーーく加工が楽ですよ!

↓これは来月からリリースするNEWアイテム。 ジャガー用FOGランプのインサートフレームです。  今度全ラインナップ(20種類以上)をブログで紹介させていただきますね!

ちなみに両側で23100円です!(枠のみ)

はい! お次は表面のパテ成形です。 収縮がなるべく出ないように、低収縮のものを段階に応じて使い分けます。 最近は収縮率0のパテなんかも使います。(チョッと高いけど・・)  エポキシなんかもいいですね。

お次は面成形。そしてパテサフ(パテを希釈したような下地塗料)を吹きつけ、ほぼ完成です。

後は塗装をして取り付け・・・という所なのですが、今回は通販で加工のオーダーを頂きましたので塗装して出荷です。

そしたらなんと、お客様より装着後の写真を送って頂きました!!

うん!カッコいい!!

ボディとの干渉だけが少々心配でしたが、予め寸法をお打ち合わせさせて頂きましたので大丈夫でした!

大浦様、ご依頼有難うございます!

また何かありましたら、ご連絡下さいね!

お次は14アリストのバンパー加工です。


張り出しのある、スポーツ系のバンパーですね。

このバンパーにベンツEクラスのFOGを追加し、内側へ向かってのダクトラインを製作します。

↓まずはウチのインサートフレームをあてがいます。

うん!平気そうですね!バランスもいい感じ!

お次はインサートフレームの固定と新しいダクトラインの追加作業です。

こちらも同じように、FOGランプの光軸や照射範囲をチェックします。

後ろからFRPを貼り付け固定したら、余分な部分をそぎ落とし大まかなデザインを作っていきます。

徐々にいい感じになって来ましたね!

面の構成と繋がりを見るために一度サフェーサー(下地塗料)を吹き付けてみます。
全体の構成は悪くありませんが、まだ面が甘いですね。ダクト穴下部の面が垂れてます・・・

そして、若干の調整を施しパテサフへ。

かっこよくなりましたね!!

ぜんっぜん雰囲気変わったでしょ! (お客様ご依頼有難うございます!)

お客様からもダクトのデザインもなるべく滑らかに、丸みを帯びたデザインで。
というオーダーでしたのでそれを意識してモデリング致しました♪
中央の開口部にはメッシュを貼り付けます。

そしてこの後少なくても数日は放置プレイします。←ココが重要!!
少なくてもパテを使っているので、後々のパテ痩せを最小限にするためにワンオフ加工モノはなるべく時間をかけて成形します。

なのでチョッと時間かかっちゃいます。 すいません。。。

でも、最終的にお客様に喜んで頂くことが私達の最大の願いですのでご勘弁下さい。

最後にもうひと例。

車種はステップワゴンRF3/4で、元となるバンパーはエアロメーカー「サクセス」、移植する車種はワゴンRで「モードパルファム」の開口部&FOG周りです。

↓ こちらがベース側のバンパーと移植する側の開口部&FOG周りです。 今回は両方とも素材がFRPですので問題なく加工できますが、純正バンパー等への加 工はあまりお勧めできません。 もちろん専用のパテや材料もあることはあるのですが、長い目で見るとやはり限界があります。

(↑上がサクセス、下がワゴンRです)

↓ そしてこれらをドッキングいたします。 まずはセンターを出し、左右を均等に保ちながらバランスを取ります。 そしてバンパーの取付穴や端等をポイントに 決め、そこからの両側のフィンの高さにズレが無いか、センターからのFOGの位置が左右対象か等正確に計測し表面からアルミテープで仮固定いたします。、 アルミテープは次の工程での裏側からFRPを張りこむ際のマスキングの役目にもなりますのでしっかりと張りこみます。 でないと樹脂が表面へ流れて固まっ たら一作業増えちゃいますからね 慎重にX2、焦らずX2が基本です。

↓そしてこちらは裏側をサンディングし、FRPを張りこんでいる様子です。 脱泡をしっかりしながら丁寧に密着させていきます。

↓ そしてゆっくりと乾燥時間を取り、固まった事を確認して表面の面成形へ移ります。 ここではなるべくパテを薄く使用することを心がけ、後のパテ痩せを防ぎ ます。  ここでも職人によって様々な形の「自作あて板」を使用し、大小のR(曲面)をなるべく均一にしかも早く成形する事に集中致します。

↓ ある程度面成形が完成ましたらサフェイサー(下地塗料)を吹き付け、巣穴を埋めると共に面の歪みを取り除きます。  ドレスアップイベントなんかでも、加 工してあるバンパー等で面がウネウネしちゃってるのってありますよね! せっかくお金と時間をかけて作りこんでも、この工程をしっかり煮詰めないと後々残 念な結果になってしまいます

↓そして完成したのがこちら!!

スッキリ仕上がっているでしょ!!
↓そして、もう一つ自信をもってお見せできるのが裏側の処理です。

決して無駄なパテやFRPの残骸は残しません。 もちろん重量の増加に繋がりますし、もしこのお客様が事故等でバンパーを他の板金屋さんで修理をした際、そこの職人さんに「キレイに加工してあるな~」って言われるためです。(笑)

それがJETクオリティ。

宮大工(お寺等を作る人)が数百年後、改修工事を行う未来の職人さんへのメッセージとして、釘を使わず木と木の組み合わせだけでパズルのように建てたお寺をどのように解体するか問題を提議するという話を聞いた事があります。

「職人のプライド」ってやつですね。

私達も職人集団としてプライドを持って仕事をしていきたいです。

そして。

違和感無く。あたかもそれが純正のように。

が加工する上での大前提です。

ダクトを開けりゃ偉い! 他のモノを埋め込めば偉い! そんなのは間違いだと思います。

メーカーさんがデザインした物はやはりモノの形を理解して作られています。

ですがそれだけじゃ満足できない!オリジナリティを出したい!という気持ちからワンオフ加工を施し、自分だけの車を作り上げて行くわけですよね。

だからイベントで勝つ!事を目標に車を作ることはイイことだけど、その為にバランスや方向性が失われ「加工箇所の数」や「部品の価格」などで競い合うようなレースならエントリーする意味はありません。

大切なのは、

自分だけの一台を創ること。

メーカーがどんな気持ちでこのデザイン(面の構成)を考えて作ったのか。

色々な複合R(曲面)を作る上で、それぞれの面が活きてくる構成の仕方はどうなのか。

ジェットではそんな事を考えながらモデリングして行きます。

感動提供秘密基地 ジェットストローク! FOG移植以外にも完全ワンオフエアロも製作致します。  もちろんニコイチ、サンコイチ、短縮、延長なんでも大歓迎!!

世界で一つのエアロを創りましょう!!

製作事例

軽自動車に30セルシオFOGを入れ、それを元にモデリング。

18クラウンのエイムゲイン製リアバンパー&サイドステップにシンプルなダクトを追加。

アルミのフィンをワンオフで製作し、赤のキャンディーに塗装。 パンチングメッシュを合わせたワンオフフェンダーダクト。

RA6オデッセイのポルノインスパイア製バンパーにセンタールーバーを追加。 (わたくし)

プリメーラセダンのリアバンパーをベンツ風に加工。 普通の板金屋さんじゃ絶対持ってない新素材を使ってモデリング。 (ボブ店長)

ノブレッセのバンパーを元にギャルソンEUエディションのハーフスポイラーを移植。FOGはSクラスに変更し、グリル&アイガーニッシュはワンオフ製作。

エイムゲイン製バンパーにAMGダクトを追加。 (ちえチーフ)


自社製作美学
を貫きますので、ぜひ遊びに来て頂き実際の作業を見て下さい!!

 

ジェットストローク
ジェットコンセプト

エアロパーツ・FRPパーツのワンオフ製作・加工・モデリング・カーボン加工&ウッド加工の専門店

(有)ジェットストローク 千葉県鎌ヶ谷市初富178-2 ●定休日/祝祭日 ●営業時間/平日・土・日/午前10時〜午後7時 ●TEL.047-446-5557

copyright ©2014 JETCONCEPT. All rights reserved.